上場

Mobileyeの3兆円IPO、自動運転業界初の「ちゃんとした上場」?

アメリカにおける上場には、いわゆる「普通の上場」と「SPAC上場」がある。自動運転関連企業のほとんどはSPAC上場だ。しかし、SPACとの合併によって上場する場合、売上がない状態でも上場できることから、上場後に株価が低迷する「SPA...

自動運転ETF「GX自動EV」上場へ!トヨタは組成比率10位

東京証券取引所はこのほど、Global X Japanが運用する新しいETF「グローバルX 自動運転&EV ETF(略称:GX自動EV)」の上場を承認した。東京証券取引所に2022年11月8日に上場される予定だ。 GX自動EV...

時価総額3.4兆円!Mobileye上場38%高、Intel系自動運転企業

米インテル傘下で自動運転の技術開発を行っているイスラエル企業Mobileye(モービルアイ)が、このほど米ナスダック市場に上場した。 上場は2022年10月26日付。初値は公開価格の21ドルを大きく上回る26.71ドルで、初日...

【2022年10月の自動運転ラボ10大ニュース】モービルアイがIPO申請、業...

世界経済が混乱する中、自動運転業界も混迷を極めているようだ。モービルアイの上場申請発表といった明るいニュースとともに、アマゾンの宅配ロボット実証中止やLiDAR企業の破産申請といったマイナスのニュースも飛び込んできた。 さまざ...

自動運転株、一世一代の投資チャンス到来か

世界各地で開発が加速する自動運転技術。本格実用化に向けた機運の高まりとともに近年IPO(新規株式公開)を行う新興企業も多い。 ただ、コロナ禍や米中摩擦、紛争、それに伴う各国の政策などを背景に株式市場が右往左往する場面も少なくな...

2021年純損失は16億円 日本の「空飛ぶホバーバイク」企業

空飛ぶホバーバイクなどを開発する株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区/代表取締役社長:片野大輔)の第6期決算(2021年1〜12月)が、官報に掲載されている。 当期純損失は16億3,192万円で、第...

日本の「空飛ぶホバーバイク」開発企業、米市場で上場へ

空飛ぶホバーバイクなどを開発する株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区/代表取締役社長:片野大輔)はこのほど、同社のアメリカ法人であるAERWINS Technologiesが、アメリカ市場において上場する...

年内上場か!?「レベル4自動運転」特化の中国WeRide

中国の自動運転ベンチャーWeRideがIPO(新規株式公開)を検討していると報道された。米国または香港で上場し、約5億ドル(約688億万円)を調達する可能性があるという。 2022年3月に実施された前回の資金調達ラウンドでの同...

Armが自動運転で存在感!SBGの「救世主」になるのか

ソフトバンクグループの一セグメントを担う半導体設計企業の英Arm(アーム)。NVIDIAへの売却話は流れたものの、AIやIoT、自動運転といった成長産業のキープレイヤーとしてさらなる飛躍に高い期待が寄せられている。世界的な株安で業績...

自動運転の「視覚」に強み!中国MINIEYE、上場間近か

自動運転技術の要であるセンシング技術の開発を手掛ける中国のMINIEYE(深圳佑駕創新科技)は、シリーズDラウンドでの資金調達を完了したことをこのほど発表した。シリーズDはIPO(新規株式公開)が意識される段階だ。 資金調達で...