バス

自動運転、2020年の業界展望を大予測!レベル3新車、国内でも?宅配ロボが公...

2019年も残すところ2カ月を切り、2020年の足音が大きくなってきた。果たして、2020年は自動運転業界にどのような変化が起こるのか。 自動運転ラボは今年も自動運転の専門メディアとしてさまざまな業界トピックスを推敲し、記事と...

埼工大開発の自動運転バス、AIバスの公道試乗体験会を実施!レベル3で走行

自動運転バスの開発を手掛ける埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市/学長:内山俊一)は2019年11月10日までに、「加須市騎西銀杏祭2019」で行われた「AIバス体験試乗会」の開催に協力したと発表した。 加須市騎西銀杏祭2019は...

バス自動運転の技術実証、JR東日本主催のコンソーシアムが実施へ

JR東日本主催の企業横断型組織「モビリティ変革コンソーシアム」は2019年11月から2020年2月にかけ、JR東日本管内の気仙沼線BRT(バス高速輸送システム)において、バス自動運転の技術実証を実施する。 実証実験は将来的な自...

バス×タクシー×住民による送迎…日本初のMaaS実証、舞鶴市で実施へ

「住民による送迎」「バス」「タクシー」を組み合わせて地域内の移動を円滑化する「MaaS」の実証実験が、2020年4月より京都府舞鶴市で日本で初めて開始される。 今回の実証実験は舞鶴市民を対象としたもので、社会システム事業を手掛...

自動運転の普及へ、「安全」と「安心」の違いを心得えよう

自動運転車が実用化されることを考えたとき、誰しも求めるのが「安全」と「安心」だ。この安全と安心は似た言葉だがややニュアンスが違う。「安全」は簡単に言えば事故率の低さ、それに対して「安心」は自動運転に対する信頼性、つまり感覚に近いもの...

視野にあるのは万博——関西MaaS検討会、鉄道会社の枠を超え

さまざまな交通手段を統合したサービスを誕生させる——。そんな理念の下でサービス開発が積極的に進められている領域がある。「MaaS」だ。 このMaaSのサービスでは、鉄道やバス、タクシー、レンタカー、カーシェアなどのさまざまな移...

鉄道でもタクシーでも予約決済OK!WILLERが観光MaaSアプリをリリース...

高速バス大手のWILLER株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役:村瀨茂高)は2019年10月28日、観光MaaSアプリ「WILLERSアプリ」を同日付でリリースしたと発表した。 このWILLERSアプリは、鉄道やバス、タク...

AIバスや自動運転…最先端モビリティで地域課題を解決!11月22日にカンファ...

最先端モビリティに関するカンファレンス「e-JAMP CONFERENCE」が2019年11月22日、東京都の「大田区産業プラザPiO」で開催される。地方公共団体や交通事業者向けの無料イベントで、AI(人工知能)バスや電動キックボー...

MONETや鹿島建設、MaaS実証を東京・竹芝エリアで実施 2019年12月...

ソフトバンクやトヨタなどの共同出資会社であるMONET Technologies(本社:東京都港区/代表取締役社長:宮川潤一)は2019年10月14日までに、新たなモビリティサービスの実装に向けた実証実験を、東京都の竹芝エリアで12月下旬か...

複合検索…お安い御用!小田急のMaaSアプリがサービスイン その名も「EMo...

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区/社長:星野晃司)は2019年10月7日、複合経路検索機能などを備えたMaaSアプリ「EMot」のサービスインを発表した。 このMaaSアプリは、同社が開発するオープン共同データ基盤「Ma...