シャトル

自動運転シャトルの車種一覧については「自動運転バス・シャトルの車種一覧」でまとめておりますので、ご覧下さい。自動運転シャトルの実用化事例につきましては「自動運転バス・シャトルでの定常サービス一覧」から確認できます。

自動運転の現在のレベルは?

自家用車や商用車、ロボットなど多方面で実用化が進む自動運転技術。各分野の開発・実用化はどのような状況となっているのか。 この記事では、自家用車、自動運転バスやタクシーなどの移動サービス、自動運転トラックによる輸送サービス、自動...

【自動運転ラボ白書】必読!自動運転バス・シャトル/トラック最新動向

自動運転技術の実用化に向けて取り組みが最も盛んな領域は、オーナーカーの開発ではなく、サービス用途のモビリティの開発だ。即ち、移動サービス用途の自動運転バス・シャトルや、物流用途の自動運転トラックなどだ。 特に先進国では移動サー...

自動運転が可能な車種一覧(2022年最新版)

自家用車における「自動運転レベル3」の搭載をはじめ、レベル4移動サービスの実用化も世界各地で進展している。市販車ベースのものからオリジナル車両まで多彩なモデルが出揃い始めた。 この記事では、実証を含む自動運転サービスなどに用いられてい...

自動運転タクシーの実用化が世界で加速!2022年2月の自動運転ラボ10大ニュ...

自動運転タクシーの実用化が大きく加速し始めたようだ。米国ではGM傘下のCruiseがサンフランシスコでサービスインし、中国ではAutoXが車両数1,000台を突破したと発表した。韓国でも自動運転タクシーの有料サービスが始まるようだ。...

マグナが自動運転ベンチャーのMIT発Optimus Rideを吸収していた

マサチューセッツ工科大学(MIT)発の自動運転ベンチャーとして注目が集まっていた米Optimus Ride(オプティマス・ライド)が、1カ月ほど前にカナダの自動車部品メーカーであるMagna(マグナ)に吸収されていたようだ。 ...

ニュージーランド企業のOhmio Automationとは?自動運転シャトル...

自動運転技術の開発競争は世界規模で進んでいる。日本や米国、欧州、中国、イスラエル、ロシアなどだけではなく、東南アジアの各国でも開発が盛んになりつつある。そして、豪州・ニュージーランド勢も忘れてはいけない存在だ。 今回はニュージ...

トヨタ、自動運転EV「e-Palette」を発売へ 準備に向け人員強化

トヨタがe-Palette(イーパレット)発売に向けた事業を水面下で進めているようだ。トヨタの求人から判明した。 自動運転技術を活用したモビリティサービスの象徴となるe-Paletteの発売は、自動運転時代の本格到来を意味する...

「自動運転×3Dプリント」のダブルイノベーション!Local Motorsの...

3Dプリンティング技術も活用して自動運転車を作るという、チャレンジ精神旺盛な企業がある。米Local Motorsだ。一体どういった企業なのか。 ■世界中に展開しつつある「Olli」を製造 Local Motorsは2007年設...

米コロラド州の自動運転EVバス、全米最大のネットワークに!?大学とダウンタウ...

米コロラド州の自動運転プロジェクト「AvCo」(Autonomous Vehicles Colorado)は2021年8月30日までに、州内の郊外都市ゴールデンにおいて、低速の自動運転EV(電気自動車)シャトルの運行をスタートした。...

自動運転シャトル、e-Palette、Origin、ARMAの国内バトル勃発...

ホンダは2021年1月20日、米Cruise(クルーズ)・GMと日本における自動運転モビリティサービス事業に向けた協業を行うことに合意したと発表した。 GM・Boltをベースにした試験車両を活用し、日本国内で2021年中に技術...