遂に”念のため”の運転手もナシに Google系自動運転タクシー、真の無人化へ

ウェイモがアリゾナの住民に告知メール





ウェイモがアリゾナの住民に送ったEメールの一部=出典:reddit.com(https://www.reddit.com/r/SelfDrivingCars/comments/dflcan/waymo_email_to_customers_completely_driverless/)

2018年12月にGoogle系ウェイモが世界で初めて商用スタートさせた自動運転タクシーが、本当の意味での「デビュー」を迎える日が、いよいよ近づいてきたようだ。

本当の意味でのデビュー——。それは、安全のために自動運転タクシーに同乗していたドライバーがいなくなることを指す。報道などによれば、ウェイモはサービスを提供している米アリゾナの住民に対し、近く完全なドライバーレスでのサービスを開始することをメールで告知した。







サービスの提供開始から10カ月以上が経ち、安全上の懸念が無くなったことで、完全無人化に踏み切るようだ。完全無人になっても、走行中にアプリからサポートセンターに連絡を取ることは可能だという。

世界各地で現在実施されている自動運転の実証実験では基本的には、安全のためにドライバーが同乗して走行中は常にハンドルに手を添えている。そんな状況の中、完全無人の商用サービスを開始すれば、ウェイモの存在感が自動運転業界でより一層際立つ可能性がありそうだ。

自動運転タクシーに関しては、米GMの子会社クルーズが2019年内の商用サービスの開始を断念している。その理由は安全上の懸念だとされている。

【参考】関連記事としては「自動運転タクシーの実現はいつから? 料金やサービスは?」も参照。







関連記事