トヨタ出資の米May Mobility、ミシガン州で自動運転シャトルを定期運行

無事故なら実用化へ大きな弾み





トヨタが出資する米スタートアップ企業「May Mobility(メイ・モビリティ)」の自動運転シャトルが、米ミシガン州グランドラピッズで定期運行をスタートする。







行政当局が関わる公式な運行サービスとして住民に提供され、May Mobilityは5人乗りの車両計4台を提供する。2020年7月までの実証実験という位置付けであるものの、約1年間にわたって事故を起こさず便利に利用されれば、公式な導入に向けて大きな弾みとなりそうだ。

May Mobilityは2017年設立。同社は同州デトロイトにおいて自動運転EV(電気自動車)バスの運行実績があり、アメリカ国内で注目度が高まっているスタートアップ企業の1社だ。トヨタ自動車は「トヨタAIベンチャーズ」を通じて同社に出資している。







関連記事