低速モビリティでMaaS実現!ヤマハ発動機と三井住友海上などがタッグ

地域の移動手段確保に貢献、保険商品の開発も





出典:ヤマハ発動機プレスリリース

ヤマハ発動機と三井住友海上火災保険、リスク管理事業へのコンサルティングを手掛けるMS&ADインターリスク総研の3社は2019年10月28日、低速モビリティ(ランドカー)の実証実験や公道走行時のリスクマネジメントに関する協定の締結に合意した。

地域の活性化や事業創出を目的として、MaaSの実現に向けた取り組みを共同で行う。具体的には、ランドカーやMaaS関連サービスにおいて保険商品やMaaS導入用リスクソリューションパッケージを連携して開発する。







3社の役割分担としては、ヤマハ発動機はランドカーやMaaS関連商品の開発・実証・運用を、三井住友海上は保険に関する情報提供を、MS&ADインターリスク総研社はリスクソリューションの提供をそれぞれ担う形だ。

日本国内では高齢化の加速によって交通弱者が増加している。また、高齢者による運転免許の自主返納も進んでおり、今後は自家用車に依存しない移動手段の整備が重要となる。ただ地方においては人材不足が顕著になっており、公共交通機関を支える担い手不足が深刻化している。

こうした状況の中で3社は今回の取り組みを通じ、高齢者の移動手段の確保や地方自治体が抱える課題の解決につなげていきたい考えだという。







関連記事