羽田空港での長距離の歩行が不安…なら自動運転の車椅子を!

2019年11月2〜3日、JALやWHILLが実証実験





出典:日本航空プレスリリース

「自動運転パーソナルモビリティ」の共同プロジェクトとして、羽田空港で電動車いすの試験走行が2019年11月2日と3日の2日間実施される。

実施するのは、日本航空株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:赤坂祐二)=JAL=と、主に羽田空港の事業を手掛ける日本空港ビルデング株式会社(本社:東京都大田区/代表取締役社長執行役員:横田信秋)、電動車いすや自動運転システムの開発を手掛けるWHILL株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:杉江理)の3社だ。







今回の試験走行で使用する電動車いすはWHILL社が開発を手掛けたもので、歩道や室内での使用を想定した自動運転機能を搭載している。搭載しているセンサーによって周囲の環境を認識し、事前に収集した地図情報と照らし合わせることで、自動走行ができる仕組みだ。

実証実験は、羽田空港の第1ターミナル南ウイング(3-9番搭乗口とコンコース間)で行われ、車いすの人や長距離の歩行に不安を感じる人が利用対象だという。こうした人たちにWHILLの電動車いすを使ってもらい、搭乗口まで移動してもらう形となる。

3社は2020年度中に空港で自動運転パーソナルモビリティを実用化することを目指すという。

【参考】関連記事としては「空飛ぶクルマの実証実験、羽田空港などで年内実施へ」も参照。







関連記事