ウーバー、タクシー配車サービスで大阪進出 名古屋に続き日本2カ所目 未来都と協業

2019年1月めどにサービス開始


米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーズは2018年12月3日、大阪のタクシー会社である株式会社未来都と協業し、2019年1月ごろから大阪でタクシー配車サービスをウーバーのアプリを通じて展開すると発表した。







ウーバーは2018年初旬に日本でタクシー会社との連携・協業を重視する戦略を打ち出している。既に愛知県名古屋市ではタクシー会社と協業してタクシー配車サービスを提供しており、大阪でのサービス提供はこれに続くものだ。ウーバーが協業する未来都は大阪府内でタクシー642台を保有している。

大阪では中国DiDiとソフトバンクの合弁会社であるDiDiモビリティジャパンがタクシー配車サービスを既に展開している。ウーバーの大阪進出で配車アプリのシェア争いが過熱することは必至だ。







関連記事