豊田合成、自動運転対応の次世代コックピットモジュールを展示

「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」で





出典:豊田合成プレスリリース

トヨタグループの豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市/社長:宮﨑直樹)は、2019年7月17〜19日に名古屋市の国際展示場「ポートメッセなごや」で開催される車部品の展示会「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展する。

展示の目玉の一つが自動運転に対応した「次世代コックピットモジュール」だ。同社は「自動運転時にリラックスできる室内空間を創出」と説明しており、HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)機能を備えたインストルメントパネルやコンソールボックスを搭載していることで、人と車がコミュニケーションをとることができる仕様となっている。







そのほか次世代ステアリングホイールについても説明されており、センサーやカメラで運転手がどのような状態にあるか検知できるようになっているという。

同社はCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)向けの製品開発や事業創出に注力しており、中長期経営計画においても先進技術などの対応に力を入れていくことを明確にしている。







関連記事