ハンドル握ってる?内蔵センサーでシステムが常時検知 住友理工、自動運転向けに開発

名古屋の人とくるまのテクノロジー展で展示





出典:住友理工プレスリリース

日本で今後解禁される自動運転レベル3(条件付き運転自動化)では、状況によって自動運転と手動運転の切り替えが必要となる。そのため、運転手がステアリング握っているか、常にシステム側は把握しておかなければならない。

こうした必要性に対応する製品を、住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区/代表取締役社長:松井徹)が名古屋市の国際展示場「ポートメッセなごや」で2019年7月17〜19日に開催される車部品の展示会「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」で展示する。







展示するのは「ステアリングタッチセンサー」と呼ばれる製品で、特殊なゴム素材を使ったスマートラバー(SR)センサーをステアリングに内蔵することで、運転手がステアリングに触れているか検知することが可能になっているという。

同社はこのほか、シートに内蔵するなどしたSRセンサーで運転手の心拍や呼吸、動きなどを検知する「ドライバーモニタリングシステム」も展示する。こうしたデータをリアルタイムで検知することで、運転手の疲労や居眠り、急病の予兆などを推定することができるという。

【参考】自動運転レベル3については「【最新版】自動運転レベル3の定義や導入状況は?日本・世界の現状まとめ」も参照。







関連記事