人口5000人に満たない村、最強軍団と自動運転の実用化に挑む

愛知県飛鳥村、名古屋大やティアフォーなどと連携





出典:アイサンテクノロジー社プレスリリース

人口が5000人に満たない愛知県のある村が、自動運転を活用したモビリティサービスの実用化に挑む。その村の名前は飛島村(とびしまむら)で、自動運転領域における「最強軍団」とも言える4法人と協力して取り組む。

4法人は、土木測量ソフト開発大手のアイサンテクノロジー株式会社、自動運転ソフトウェア開発の株式会社ティアフォー、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、名古屋大学。飛島村と4法人は、既に自動運転を活用したモビリティサービスの実用化に向けた連携協定を締結している。







自動運転を活用したモビリティサービスが村内で実用化されれば、地域交通の利便性向上が機体される。今後、事業化に向けた技術開発や環境整備などを進めていくという。

今後村内で実施する実証実験については、詳細が決まり次第発表していくという。







関連記事