上空シェアサービス運営のトルビズオン社、2500万円を資金調達 ドローン社会や空飛ぶタクシー見越し

最大1億円まで補償可能な保険も開発





トルビズオン社の(右から)清水COO、増本CEO、冨田CTO=出典:トルビズオン社プレスリリース

上空のシェアサービスを手掛ける2014年設立のベンチャー企業・株式会社トルビズオン(本社:福岡県福岡市/代表取締役社長兼CEO:増本衛)は2019年7月8日までに、総額2500万円の資金調達を実施したことを発表した。

資金調達により、上空シェアサービス「sora:share」の拡大とユーザビリティ向上に関する取り組みを継続して行うという。資金調達は株式会社Kipsが設立したベンチャーファンド「The Independents Angel投資事業有限責任組合」から行った。







sora:share公式サイト:https://www.sorashare.com/

同社はドローン市場の拡大や空飛ぶタクシーの実現を見越し、上空シェアサービスを国内でいち早くスタートさせた。具体的には上空の利用許可を売買するというもので、同社は「ドローン航行のための空中権取引を促進し、手数料を収益化します」としている。

ちなみに日本では民法207条で「土地の所有権は、法令の制限内において、その土地の上下に及ぶ」とされている。このため同社は上空シェアサービスによるマッチングによって、第三者が許可を得てドローンを飛行させやすいようにしたい考えだ。

発表によれば、同社は損保ジャパン日本興亜とともに最大1億円まで補償可能な「sora:share保険」も共同開発している。







関連記事