札幌で「観光あいのりタクシー」の実証実験 AIで効率的運行実現

NTTドコモや札幌観光協会が実施





北海道札幌市で「さっぽろ観光あいのりタクシー」の実証実験がスタートした。2019年1月25日から2月24日までの期間、AI(人工知能)を活用して効率的な乗合運行を実現し、外国人観光客などに便利に利用してもらうのが目的だ。







実証実験は、札幌市と札幌観光協会、株式会社NTTドコモ、NTTテクノクロス株式会社、日本電信電話株式会社(以下、NTT)が共同で取り組む。

乗合タクシーは1人1日3000円で利用でき、札幌市内16カ所の乗降場所間を乗り降り自由というサービスだ。乗車料金の支払いはスマートフォンやダブレット端末上でクレジットカード決済により行う。

この実証実験に合わせて、観光施設の電子チケットを提供する実証実験も行われる。キャッシュレス決済などへの対応加速やコミュニケーションの課題解決を目指したものだという。







関連記事