三菱電機、東京モーターショーでMaaSや自動運転関連の展示

実証実験車両「xAUTO」をお披露目





出典:三菱電機プレスリリース

三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区/執行役社長:杉山武史)は2019年10月1日、「第46回東京モーターショー2019」でMaaS社会に向けた新たなコンセプトを提案するほか、自動運転の実証実験車両も展示すると発表した。

MaaS関連では「移動を、くらしのヨロコビに」をテーマに据え、将来の移動体験のコンセプトムービーを大型スクリーンで紹介するという。生体センシング技術なども搭載したコンパクトキャビン「EMIRAI S」も紹介する。







自動運転関連では、実証実験車両の「xAUTO」を展示するほか、準天頂衛星対応高精度ロケーターなどのセンサーを含む関連技術を紹介する。また、高精度地図情報が無い条件下での自動運転などの実現に向けた取り組みについても、来場者向けに紹介するようだ。

東京モーターショーは2019年10月24日から11月4日まで。三菱電機のブースは「東京ビッグサイト西 4 ホール(小間番号 W4204)」となっている。







関連記事