三菱電機が新技術、コネクテッドカーへのサイバー攻撃を車載機器上で検知

「車載システム向け多層防御技術」を発表





コネクテッドカーの普及が本格化する次世代モビリティ社会においては、悪質なハッカーなどによる外部からのサイバー攻撃が大きな懸念点だ。そのため今、自動車メーカーやサプライヤーは対策に本腰を入れ始めている。

そんな中、三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区/執行役社長:杉山武史)は2019年1月24日までに、不正ソフトによる車両制御へのサイバー攻撃を検知して防御する「車載システム向け多層防御技術」を開発したと発表した。







大きな特徴の一つは、車載機器上でサイバー攻撃の検知ができる点だ。これまでサイバー攻撃の検知のためにはクラウドに接続してパターン照合をする必要があった。

同社はまたほかの強みとして、「高速セキュアブート技術により、システム起動を高速化し、待ち時間を短縮」とも強調している。

出典:三菱電機プレスリリース







関連記事