個人投資家の間で「MaaS」人気急上昇 テーマランキング6位に

「みんなの株式」と「株探」が発表





個人投資家向け情報サイト「みんなの株式」と「株探」は2019年4月3日までに、両者で集計した「人気テーマランキング」で6位に「MaaS」がランキングされていることを発表した。







MaaSは「サービスとしてのモビリティ」「サービスとしての移動」などと略されるモビリティ業界の注目ワードだ。

さまざまな交通手段を統合することなどもMaaSサービスの一つとして分類され、現在、公共交通機関やタクシー、航空会社を巻き込んだ取り組みが国内で進んでいる。

両サイトの発表ではMaaS関連の注目銘柄として、自動車会社のトヨタや日産、ホンダのほか、JR東日本や東京急行電鉄、NTTドコモ、ジョルダン、エコモットなどが挙げられている。

ちなみに人気テーマランキングの1位は「元号関連」で、その後、「5G」「人工知能(AI)」「全固定電池」「キャッシュレス決済」と続いた。







関連記事