タクシー配車アプリ事業のJapanTaxi、2018年5月期は純損失8.1億円

第42期、利益剰余金は8億3700万円のマイナス





出典:官報

タクシー配車アプリ事業を手掛けるJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:川鍋一朗)の第42期決算(2018年5月31日現在)が、2018年8月30日付の官報に掲載されている。

当期純損失は前期から約7倍の8億1800万円となり、売上高は15億4400万円だった。当期までの利益や損失の累計である利益剰余金は8億3700万円のマイナス。当期純利益と利益剰余金を含む各数字は以下の通り。







▼貸借対照表の要旨(単位:百万円)
流動資産 9,870
固定資産 842
資産合計 10,712
————————
流動負債 1,193
固定負債 1,188
負債合計 2,381
株主資本 8,322
資本金 4,585
資本剰余金 4,575
資本準備金 4,575
利益剰余金 △837
利益準備金 2
その他利益剰余金 △839
新株予約権 8
純資産合計 8,330
負債・純資産合計 10,712

▼損益計算書の要旨(単位:百万円)
売上高 1,544
売上原価 1,205
売上総利益 338
販売費及び一般管理費 1,115
営業損失 777
営業外損益 △43
経常損失 820
特別損益 6
税引前当期純損失 814
法人税、住民税及び事業税 3
当期純損失 818







関連記事