東京のど真ん中で自動運転バスの実証実験 池袋で2月8日と9日

池袋サンシャインシティ周辺の公道で





出典:国土交通省プレスリリース

こんな東京のど真ん中で——!?

自動運転バスの実証実験が全国各地で行われるようになったが、東京の都心部ではそうは滅多に目にする機会は少ない。そうした状況の中、2019年2月8日と9日の2日間、国土交通省が池袋で自動運転バスの実証実験を実施する。







実証実験の舞台となるのは、池袋サンシャインシティの周辺の公道だ。実証実験に使用されるのは自動運転機能を搭載した「eCOM10」で、自動運転レベル2(部分運転自動化)相当の技術を搭載している。

実験に協力するのは、群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター。実証実験では、自動制御での停車の可否や停車位置の精度の確認などを行い、バス停での正着性などを検証する。モニターへのアンケート調査も行い、社会受容性も調べる。

実証実験は2月8日から9日の午前11時から午後4時まで。1日5便程度のテスト運行を予定している。







関連記事