姿勢検知、スマホの検出も!ドライバー監視ソフト「CoDriver」が進化、CPU負荷最小限モードも

代理店のユビキタスAIコーポレーションが発表


イスラエルのJungo Connectivity社が開発する自動車運転者モニタリングソフトウェア「CoDriver」のバージョン1.9がリリースされた。CPU(中央演算処理装置)負荷を最小限に抑えた「DMS Lite」モードが追加され、ローパワーCPUにも使用しやすくなった。







CoDriverの国内販売代理店である株式会社ユビキタスAIコーポレーション(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:長谷川聡)が2019年1月11日までに発表した。「眠気」や「脇見」などの機能を最適化し、CPUへの負荷を最小限に抑えたようだ。

姿勢検知や物体検出、顔認識マネージャーのサンプルアプリが機能として新たに追加されたほか、視線検知の精度も向上した。姿勢検知機能は行動予測にも役立ち、物体検出機能ではスマートフォンやチャイルドシートの有無などの確認にも活用できるという。

同社は「シェアカーや自動運転における車室内の安全性確保などの用途に応用されることが期待されます」としている。







関連記事