CASEの鍵は車載半導体の進化!トヨタとデンソーが新会社設立で合意 自動運転向けセンサーの部品開発も

設立時の従業員数は500人規模





CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)の進展には、車載半導体の進化が鍵の一つだと言われている。そんな中、デンソーとトヨタ自動車は2019年7月10日、こうした車載半導体の研究や先行開発に取り組む合弁会社の設立に合意したと発表した。







設立時期については2020年4月とされている。新会社は愛知県日進市のデンソー先端技術研究所内に本社を置く形となり、設立時の従業員数は500人規模となる見込み。出資比率はデンソーが51%、トヨタが49%。

発表によれば、新会社では次世代車載半導体における基本構造や加工方法などの先端研究や、自動運転車両向けの周辺監視センサーなどの電子部品の先行開発などを事業として手掛けるようだ。







関連記事