CASE時代を体感できるモビリティ施設が登場 ベンツと竹中工務店、2年間一般公開

AI学習で快適な生活をサポート



メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:上野金太郎)と株式会社竹中工務店(本社:大阪市中央区/代表取締役社長:宮下正裕)は、モビリティとリビングの未来の形が体験可能な施設「EQ House (イーキュー ハウス)」 を、東京六本木にて2019年3月13日から期間限定でオープンした。

EQ Houseは2016年にダイムラー社が提唱した「CASE」が普及した未来のライフスタイルを実際に体験できる施設だという。CASEとは「Connected(コネクテッド)」、「Autonomous(自動運転)」、「Shared(シェアード)」、「Electric(電気自動車)」の頭文字を取った言葉で、これからの自動車業界のトレンドを表している。







2019年から電動モビリティブランド「EQ」を日本で本格展開するベルセデスベンツと、最良の作品で社会に貢献することを経営理念とする竹中工務店がコラボレーションし、AI(人工知能)などの先端技術を搭載することで、人、家、車がつながる空間になっているという。

出典:竹中工務店プレスリリース

例えば建物の中央に設置されたガラスのインターフェイスは竹中工務店が開発したビルコミュニケーションシステムが応用され、手の動きや声で照明や空調などをコントロールすることができる。またAI(人工知能)が個人の好みの設定を学習し、快適な空間での生活をサポートする。

EQ Houseはメルセデスショールームに隣接して建築され、2019年3月13日から約2年間一般公開される。スタッフが解説するツアーも開催し、家とクルマがつながる未来の暮らし方を体験できるという。入場料は無料なので、ぜひ体験してみてはいかがだろうか。







関連記事