自動運転関連求人、「未経験者歓迎」が増加 2019年1月は3.8%増の1万1065件

自動運転ラボの最新調査





自動運転専門メディア「自動運転ラボ」はこのほど、日本の主要6転職サイトにおける自動運転関連の登録求人数の推移に関する最新データを発表した。発表によれば、2019年1月末時点の求人数は前月比3.8%増の1万1065件だった。







求人数は各転職サイトで「自動運転」とフリーワード検索したときの結果数で、最も件数が多かったIndeedは前月比3.4%増の9567件だった。

件数の多さではその後、dodaが1182件(前月比6.8%増)、リクナビNEXTが97件(同6.7%減)、マイナビ転職が95件(同13.0%増)、ランスタッドが81件(同15.7%増)、エン転職が43件(前月と変わらず)の順だった。

前月に比べ、未経験者などでも応募可とする求人が全体的に増えた。自動運転領域で続いているエンジニア不足の状況もこうした変化に関連しているとみられる。テストエンジニアの求人も目立った。

自動運転ラボは2018年5月に開設。株式会社ストロボ(本社:東京都港区/代表取締役:下山哲平)が運営している。

【参考】関連記事としては「自動運転領域の求人数、1万件突破 2019年は転職ラッシュか」も参照。







関連記事