AI学習のアイデミー、製造業エンジニア向けに自動運転AIプログラミング研修を提供

作成したプログラムは自社で活用可能





出典:アイデミー社プレスリリース

AI(人工知能)エンジニア志望者向けのオンライン学習サービスを手掛ける株式会社アイデミー(本社:東京都文京区/代表取締役CEO:石川聡彦)は2019年3月6日までに、ビッグデータ分析企業の株式会社ユーザーローカルと協業し、製造業エンジニア向けに「自動運転AIプログラミング研修」の提供を開始すると発表した。

研修は5日間の日程で行われ、製造業で働くエンジニアがAIによる機械制御を学ぶためのもの。3Dシミュレーターや実車の1/10サイズのラジコン車を使い、自動運転に必要なAIディープラーニングと画像認識技術を学ぶことができるという。







具体的には、自動ステアリング操作や道路判定、信号や標識の認識、自動ブレーキシステム、オートクルージング機能といった自動運転に必要な技術を学習する。受講生自身がラジコン車への実装も行うことで、より実践的な技術を習得できることが特徴だ。

研修の最終日には5日間で作成したディープラーニングのAIモデルを使ってミニチュア四駆自動車でタイムを競うレースも実施する。受講生が自分で作成したプログラムは持ち帰り可能で、自社の研究に引き続き利用することができるという。

【参考】アイデミーのオンライン研修サービスについては「AI学習サービスAidamyの魅力を探る…自動運転関連技術を学べる新コース 就職・転職果たす生徒たち」も参照。







関連記事