Automotive Grade Linuxに米ソフトウェア企業のCloudBeesなど4社加盟

次世代自動車向けの共有プラットフォーム開発





コネクテッドカー向けのオープンプラットフォームを開発する「Automotive Grade Linux」(AGL)は2019年5月8日までに、米ソフトウェア企業のCloudBeesなど4社がAGLに加盟したと発表した。







4社はCloudBees社のほか、Crave.io、FPT Software、Githubで、いずれもIT・ソフトウェア関連企業。AGLのDan Cauchyエグゼクティブディレクターは「新メンバーを心から歓迎し、AGLプラットフォームの新機能開発を継続する中で、彼らの専門知識を活用することを楽しみにしています」とコメントを発表している。

AGLは、オープンソースの基本OS「Linux」を普及促進するための非営利団体「Linux Foundation」(2000年設立)傘下のプロジェクト。







関連記事