スイス企業アクトライト、シリーズCの資金調達完了 自動運転など向けの光センサー開発

2011年創業、資金調達額は非公表





自動運転領域など向けの光センサーを開発するスイス企業のアクトライト社は2019年5月15日、シリーズCの資金調達を完了したと発表した。







アクトライト社は2011年創業。シリーズCの資金調達では、スイスコム・ベンチャーズなどがリードインベスターを務めた。資金調達額は公表されていない。

調達した資金の使い道については、報道発表では「スマートフォン、自動走行車、その他革新的装置の深度センサーを大幅に改良すべく作られた3D TOFセンサーアレイや単一光子距離計のデモ機製造のサポートに使う予定」とされている。







関連記事