日本交通、JapanTaxiアプリでの迎車料金0円キャンペーン実施

国交省の実証実験の一環


東京都内のタクシー会社大手である日本交通株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:知識賢治)と、タクシー配車アプリ「JapanTaxi」を展開するJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:川鍋一朗)は、JapanTaxiアプリによる配車で迎車料金が無料となる「お迎え0円キャンペーン」を2018年10月14日までにスタートさせた。







この取り組みは国土交通省の実証実験「変動迎車料金」の一環で、エリア・曜日・時間帯限定で行われる。第1弾は2018年10月3日から10月31日まで 、第2弾は2018年11月3日から11月28日まで。実施曜日は平日の中でも需要が少ない水曜日と休日の日曜日で、それぞれ午前11時から午後4時59分まで行われる。

日本交通によると、1時間あたりの平均空車時間は、タクシー利用がピークとなる平日午前8時台は約13分だが、ピークを過ぎた午後4時台は21分と増える。実験では、需要が低く空車が多い時間帯には現在一律410円の迎車料金を無料とすることで、タクシーの効率的な運用に結びつくか検証する。

迎車料金0円キャンペーンの対象となるのは、出発地が港区・渋谷区・新宿区・中央区・千代田区のいずれかの場合。タクシー配車アプリ「JapanTaxi」から配車した時に迎車料金が無料となる。

JapanTaxiアプリは2011年12月にサービスの提供を開始しており、2018年8月時点でシリーズ累計の総ダウンロード数は550万回に上っている。全都道府県において約7万台のネットワークを形成しており、訪日観光客にも対応するために多言語対応もしている。







関連記事