大坂なおみ選手が日産自動車のブランドアンバサダーに就任 電気自動車や自動運転への挑戦に共感

世界での宣伝活動やイベントに登場へ


出典:日産自動車プレスリリース

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市/社長:西川廣人)は2018年9月24日までに、日本人初のグランドスラム女子シングルス優勝を果たしたプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手について、同社のブランドアンバサダーに就任したことを発表した。

大坂選手は就任に伴い、「電気自動車や自動運転で車の歴史を変えようとチャレンジしている日産自動車の姿勢に、私はとても共感しています」とした上で「私も世界女王を目指しチャレンジすることで、これからの女子テニスの歴史を変える存在になれればいいなと思います」とコメントを発表した。







大坂選手は今後、世界における日産自動車の広告活動やイベントに登場する予定。また、報道発表によると、大会遠征先では同社が日産車による車両サポートを実施していくという。

日産自動車の星野朝子専務執行役員は大坂選手のアンバサダー就任について、「大坂選手と私たち日産自動車には、世界を変える『GAME CHANGER』という共通点があると確信いたしました」と強調。その上で「並居る強敵を押しのけ、テニス界を一変させてしまう存在の大坂選手を日産自動車全社員で応援して参ります」としている。

【参考】日産の自動運転戦略については「日産の自動運転戦略や技術まとめ EV、コネクテッド化も柱|自動運転ラボ」も参照。







関連記事