自動運転ベンチャーZMP、物流支援ロボット「CarriRo」を活用して無人棚卸ソリューション 凸版印刷と共同開発

倉庫内の作業、一層便利に


出典:ZMP社プレスリリース

自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)が、2018年9月12日から14日の3日間にわたって東京ビックサイトで開催される「第20回自動認識総合展」において、物流支援ロボット「CarriRo」とRFID(無線自動識別)を組み合わせた無人棚卸ソリューションを、凸版印刷ブースで公開する。

ZMPは倉庫や工場内で無人での搬送を実現する取り組みを進めてきた。今回の無人棚卸ソリューションもその一環で、凸版印刷とともに開発を進めてきた。







発表によれば、路面に貼られたランドマークをCarriRoのカメラが識別して進行方向を定め、電波を外向きに照射するRFIDリーダを搭載した「RFIDキット」をけん引し、無人走行をしながらRFIDを読み取るという。

この仕組みは「CarriRo Connect(キャリロコネクト)」として、2019年までに製品化を行う予定という。







関連記事