使ってみたいAI機械、高校生・大学生など「自動運転の乗り物」に関心 意識調査で判明

男性の方がポジティブイメージ


SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(本社:東京都中央区/代表者:幸野良治)は2018年9月3日、全国の高校生と大学・専門学校生を対象とした人工知能(AI)に関する意識調査を行った。







調査の中で、日常生活で使ってみたい(使ってみてもよい)と思うAI搭載の機械について聞いた質問では、最多の「ニュースや音楽を聞くツール」(19.7%)に続いて、わずかな差で「自動運転で目的地まで連れていってくれる乗り物」(19.4%)が2番目に多い回答となった。

AIに関するイメージでは、ポジティブな回答とした人が全体の60.5%に上り、「怠けてしまう」「機械に任せるのが不安」「仕事がなくなる」などとネガティブな回答をした人が39.5%だった。男女別では男性の方が女性よりAIに好意的な印象を持っていることも分かった。







関連記事