トヨタのオンライン無料サービス「通れた道マップ」、自動運転への応用も期待

AIによる走行ルート設定に貢献


通行可能な道を視覚的にもわかりやすく、リアルタイムで示してくれる便利なサービスがある。トヨタ自動車が東日本大震災後に本格的に展開を始めたオンライン無料マップ「通れた道マップ」だ。ウェブ上でマップを開けば、直近24時間で通れた道を示してくれる。







通れた道マップは、トヨタのテレマティクスサービス「T-Connect」などを搭載した車両の走行情報が基になっている。そのため、特別な装置を道路に取り付けておく必要がないのが特徴だ。

こうしたデータは自動運転でも役に立つ。通れた道マップを自動運転車のAI(人工知能)・システム側が常に読み込んでおけば、効率的で安全な走行ルートを導き出せることにつながるからだ。

通れた道マップのように一般のドライバーに向けたサービスも、データ化されていることで自動運転にも応用できる。つまりトヨタ自動車は既に自動運転時代に求められるツールを一つ持っているということになる。もしかすると自動運転車システムへの接続も済んでいるかも!?

【参考】自動運転向けの高精度地図作りは、日本を含む世界の各社が取り組んでいる真っ最中だ。最大手との呼ばれるオランダ地図大手HEREの取り組みについては「自動運転マップ、年内に世界100万kmカバー オランダ地図大手HERE社|自動運転ラボ 」も参照。







関連記事