IHI、閉鎖空間の立体駐車場でも自動運転可能に 慶応大学と研究

無線自動識別タグなど使用


総合重工業メーカーの株式会社IHI(本社:東京都江東区/代表取締役社長:満岡次郎)が、慶応大学と共同で自動運転車に対応する自走式立体駐車場の研究開発を始めるようだ。日経新聞が報じている。







GPS信号が届かず現在位置を把握しにくい立体駐車場の課題を解決し、自動運転社会に対応した新しい駐車場事業をリードしていく構えのようだ。

立体駐車場の屋内では衛星からのGPS信号を受信できず、またフロアが複数階あるため自動運転車は自車位置を把握しづらい。このため、両者は反射板やビーコン、無線自動識別(RFID)タグなどを活用し、自動運転車に位置情報を効率的に伝えられるシステムを開発するらしい。

日経新聞の報道によると、研究は慶大大学院の政策・メディア研究科の大前学教授の研究室とIHI子会社でパーキングシステムの製造などを行うIHI運搬機械株式会社が共同で進めるという。







関連記事