デンソーテン販売、タクシー配車アプリのシステムAPIを開発 大和自動車交通も採用

国外でもストレス無く手配可能に


デンソーテン子会社の株式会社デンソーテン販売(本社:兵庫県神戸市/代表取締役社長:佐藤裕彦)は2018年11月4日までに、タクシーの配車アプリを日本と海外で相互利用ができるシステムAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を開発したと発表した。

  1. タクシー会社3社が新サービス「WEBタク」の提供開始
  2. タクシー配車アプリや提供企業を一挙まとめ 仕組みも解説
  3. ドバイ政府「年内に国営自動運転タクシー」 最高時速32キロ
  4. VWとモービルアイが自動運転タクシー事業 2022年からイスラエルで試験開始

このAPI連携が便利なところは、日本人が海外へ行ったときでも、普段日本で使っているタクシー配車アプリを使って海外のタクシーを呼び出すことができるということだ。外国人が日本に来たときにも同様に便利に日本のタクシーを使うことができる。







出典:デンソーテン販売プレスリリース

報道発表では「このいわゆる海外ローミング的なサービスは、タクシー業界において極めて珍しい」と強調している。ちなみにこのAPIは、日本の大和自動車交通と台湾のタクシー大手・台湾大車隊の実証実験に採用されている。

こうした取り組みは、デンソーグループが進める「クラウド型タクシー配車システム」事業の一環。







関連記事