日本に中国から上陸!自動運転配送ロボ「YUNJI DELI」とは?

NECネッツエスアイが国内向けに販売開始





NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区/代表取締役執行役員社長:牛島祐之)は、中国のBeijing Yunji Technologyが提供する自律走行型配送ロボット「YUNJI DELI」の日本独占販売権を獲得し、2020年8月25日までに日本国内向けのサービス販売を開始した。

YUNJI DELIの特徴は「自律走行」「大容量配送・柔軟なトレイレイアウト」「狭い通路での走行」「簡単操作」の4つ。







出典:NECネッツエスアイ・プレスリリース
■トレイごとに配送先の指定も可能

YUNJI DELIは複数のセンサーによって空間や障害物を認識できるため、磁気テープのように特別なインフラが用意されなくても自律走行が可能だ。前後両方向に走行が可能なためUターンする必要がなく、狭い通路でも問題なく走行ができる。

積載スペースはトレイで最大3段に区切ることができ、さまざまなサイズのものを合計50キロまで配送することが可能だという。

トレイごとに配送先も指定できる。例えば、最上部のトレイは「目的地A」、最下部のトレイは「目的地B」へといった具合だ。タッチパネルの操作で簡単に配送先を指定できるという。

■ウイズコロナ時代と非接触型ロボット

新型コロナウイルスの感染防止対策として、YUNJI DELIのような非接触型ロボットのニーズは病院や飲食店、ホテルなどで高まっている。病院における病床エリアへの食事やリネンの配送、飲食店では配膳などの場面での活躍が期待できる。

自律走行ロボットの導入はビフォーコロナ時代から徐々に始まっていたが、ウイズコロナ(Withコロナ)時代に一気に普及スピードが速まる可能性が高い。YUNJI DELIの国内展開もいち早く進んでいきそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事