トヨタWoven Planetの採用情報が全て英語な理由 自動運転求人もWoven City求人も

「our work is done in English」と明言



出典:Woven Planet Group公式サイト・採用情報ページ

2021年1月に設立されたWoven Planet Group(ウーブン・プラネット・グループ)。自動運転関連ソフトウェアやスマート・シティなどの新領域を手掛けるトヨタ自動車の子会社だ。

そのWoven Planet Groupが公式サイトで人材を募集している。しかしその採用情報が全て英語なのだ。日本語では一切の説明がない。募集職種の勤務地の多くは東京なのに、なぜ英語のみしか用意していないのだろうか。







▼採用情報 — Woven Planet Holdings
https://www.woven-planet.global/jp/careers

■採用ページは全て英語!何が書かれている?

採用情報のページに進むと英語で「At Woven Planet Group, our work is done in English」とある。日本語では「Woven Planet Groupでは、仕事は英語で行われる」という意味で、英語スキルが必須条件であることが分かる。

Woven Planet Groupはトヨタの米研究子会社TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)とも連携して開発を進めていることもあり、もはやグローバル人材と円滑にコミュニケーションがとれる人材でなければ、業務を問題なく進めていくことはできないのだろう。

ちなみにWoven Planet Groupではすでにグローバル人材が多くおり、2021年1月29日に実施されたオープニングイベント「The Genesis」のアーカイブ配信動画でも外国人幹部が複数人登場している。

ただし採用ページには「We offer Japanese or English language learning opportunities for all of our team-members」(全員に日本語か英語の学習機会を提供している)とも書いてあるので、いまは英語力が高くなくても、技術力が高く英語を学ぶ意欲があれば、チャンスはありそうだ。

■エンジニアやプロダクトオーナーなどを11チームごとに募集

ちなみに採用ページでは、「AUTOMATED DRIVING TECHNOLOGY」や「ARENE SOFTWARE PLATFORM」、「WOVEN CITY」、「UX/UI」、「BUSINESS DEVELOPMENT & STRATEGY」など11のチームで募集がある。

例えば「AUTOMATED DRIVING TECHNOLOGY」チームでは、安全運転支援機能「ガーディアン」や地図・位置情報・軌道計画、MaaS、センサーフュージョンなど10のカテゴリーでエンジニアやプロダクトオーナーなどを募集している。

「WOVEN CITY」チームでは、ビジネス&サービスやCity OS、ロボット、UXコミュニケーション戦略などの7つのカテゴリーでエンジニアやディレクター、マネージャーなどを募集している。

英語力にある程度の自信があるエンジニア、もしくはグローバル人材を目指していま英語を猛勉強しているエンジニアの人は、ぜひトライしてみてはいかがだろうか。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事