東芝が開発、ソリッドステート式LiDARで200mの長距離測定!「自動運転の目」で新技術

さらに測定距離の延伸と高解像化・小型化へ





株式会社東芝(本社:東京都港区/代表執行役社長CEO:車谷暢昭)は2020年7月9日までに、「自動運転の目」を呼ばれるLiDARに関し、ソリッドステート式向けに長距離測定と高解像度を実現する受光技術を開発したと発表した。

東芝は6月にオンライン開催された「半導体回路国際会議VLSIシンポジウム」でこの技術を発表したという。今後、さらに測定距離の延伸と高解像化、小型化を進め、2022年度までの実用化を目指していく。







■従来の4倍の長距離測定と高解像度化に成功

LiDARとは「Light Detection and Ranging」の略で、「ライダー」と読む。レーザ光を照射して跳ね返る時間を計測し、物体までの距離や方向を測定する。

LiDARの需要は今後大きく伸び、矢野経済研究所が発表した2018年7月の予測によれば、LiDARを含むレーザーの市場規模は2030年には約4959億円まで拡大するという。

LiDARにはレーザと検出器を回転させて観測する「機械式」と半導体技術や光学技術で機構部を置き換える「ソリッドステート式」がある。機械式は小型・軽量・低コスト化が難しく、現在はソリッドステート式が多いが、長距離測定と解像度に課題がある。

東芝が今回開発した受光技術によって、超高感度受光デバイスSiPMの小型化を実現し、高解像度かつ従来の4倍となる200メートルの長距離測定が可能となったという。市販のレンズとの組み合わせも可能で、利用用途により生じる複雑なカスタマイズは不要となるようだ。

出典:東芝プレスリリース
■「自動運転×東芝」、AIエンジニアの増員も

東芝は自動車やドローンの安全性の向上と自動走行・自律移動の実現に向け、2020年6月に自車両の動きを高精度に推定する「自車両の動き推定AI」と様々な交通シーンで他車両の動きを予測する「他車両の動き予測AI」を開発したと発表している。

自動運転領域での競争に勝ち残るため、優秀なエンジニアの確保にも重点を置いている。2022年度までにグループ内のAI技術者を現在の3倍の2000人まで増やす計画もある。

「自動運転×東芝」の取り組みに今後も注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事