窮地のソフトバンクGを自動運転スタートアップの米Nuroが救う

カリフォルニア州、「安全要員なし」で実証認可





出典;ソフトバンクグループ公式動画

新型コロナウイルスの感染拡大は、ソフトバンクグループ(ソフトバンクG)の業績にも深刻な影響を及ぼしている。「投資会社」を標榜する同社にとっては今回の世界同時株安は痛い。資金調達難で経営破産する出資先も出てきている。

こんなソフトバンクGのピンチを救うのは、同社が出資する自動運転スタートアップ米Nuroかもしれない。このほど「セーフティードライバーなしの無人運転」の試験走行がカリフォルニア当局から認められ、注目を集めている。認可を受けたのはグーグル系Waymoに続いて2社目だ。







■Nuroってどんな企業なの?

Nuroはグーグルの元エンジニア2人が2016年に設立した自動運転スタートアップで、配送用の自動運転車両「R1」の開発を進めている。

2018年8月には米スーパーマーケット大手のクローガーと協力し、自動運転車両を活用した配達サービス実証を開始するとして注目を集めた。2019年6月にはピザ宅配大手のドミノ・ピザと提携し、自動運転車両を使った無人宅配事業をスタートしている。

そんなNuroに対し、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)はこれまでに少なくとも9億4000万ドル(約1030億円)を出資している。今回のカリフォルニア州からの認可を受けてNuroがさらに取り組みを加速させ、将来的に上場するようなことになればソフトバンクGの業績に大きく貢献する。

新型コロナウイルスの感染拡大は多くの業界にとってダメージを与えているが、自動運転領域には「追い風」と言える側面もある。自動運転車や自律走行ロボットは、人と人との感染を防止するために有効だからだ。そうした意味でも、Nuroの今後の飛躍は十分に期待できる。

■孫氏にとっては久々の良いニュースに?

ソフトバンクグループは投資会社であり、投資先企業の成長がソフトバンクグループの業績の鍵を握る。今回のNuroに対するカリフォルニア州の認可については、厳しい局面が続いている孫正義氏にとっては久々の良いニュースであったはずだ。Nuroの今後の動向にますます注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事