将来は自動運転で?自転車での即時配達サービス「PayPayダッシュ」、福岡でテスト開始へ

働くスタッフの募集を開始





出典:PayPayダッシュ・公式ページ

大手検索サイトのヤフーは2020年2月26日までに、自転車を使った即時配達サービス「PayPayダッシュ」のテストを地域限定で実施することを明らかにした。

PayPayダッシュの専用ページ「https://paypaydash.yahoo.co.jp/campaign/start/」を公開し、現在はPayPayダッシュで働くスタッフを募集中だ。募集ページを開くと、採用定員は「10名以上」、勤務地は「福岡県福岡市中央区」とされており、天神エリアで実証実験を行うようだ。







勤務開始は3月2日からだが募集要項では「2週間の研修あり」とされていることから、テストサービスの提供開始時期は定かではないが、3月中もしくは4月初旬ごろから始まる可能性もありそうだ。

時給は1,200円で自転車は会社側で用意する。配達バッグやユニフォームも貸与されるという。ヤフーは募集ページで「買いたいものがすぐ手に入る便利なサービスを一緒に作りあげましょう!」と呼び掛けている。

■将来は「自動運転車デリバリー」に進化!?

このPayPayダッシュというサービスは、ユーザーが注文した商品を自転車に乗ったスタッフがピックアップし、ユーザーがいる場所まで届けるという仕組みのようだ。このサービスの仕組みは、将来的にある進化を予想させる。それは「自動運転車デリバリー」になる、ということだ。

現時点ではサイクリストが商品をピックアップする形だが、将来的に自動運転車や自動運転配送ロボットが公道を走行できるようになれば、無人でこのサービスを実現できる。ライドシェアサービスが将来的に自動運転タクシーに置き換わるように、PayPayダッシュはもう一段階進化する可能性がありそうだ。

ちなみに募集ページは以下のURLから閲覧することができる。

▼【スタートメンバー★デリバリースタッフ】 Yahoo! JAPANの実証実験に参加しませんか?
https://www.aines.net/aines/ain_searches/detail/ai:1205730/pn:1/returnId:5e322b91bb7e7/

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事