LiDAR開発のLuminar、躍進へ!テスラが採用?株価一時急騰 「自動運転の目」を開発

売り先を続々確保、今後に期待感



出典:Volco Carsプレスリリース

2021年5月24日、LiDAR開発企業のLuminar(ルミナー)の株価が一時急騰したのをご存じだろうか。

LiDARと言えば、「自動運転の目」に相当する重要なセンサーだが、有望市場ではあるものの市場規模はまだ小さく、Luminarの株価は最近低迷していた。株価の急騰には一体どのような背景があったのだろうか。







■TeslaとLuminar「LiDAR試験で契約」との報道

Luminarの株価が急騰したのは、大手EV(電気自動車)メーカーのTeslaがLuminarとLiDARの試験・開発で契約を結んだ、とのニュースが報道されたからだ。

Teslaのイーロン・マスクCEOはこれまで、「LiDARを利用しなくても自動運転は可能だ」という発言を繰り返していた。しかしその発言とは逆をいくようにLuminarと契約したというニュースが流れたことで、Luminarへの注目度が一気に高まった。

報道を受け、ルミナーの株価は一時10%以上上昇した。ちなみにこの報道の前に、LiDARが装着されたTeslaの「モデルY」の写真がTwitterで投稿され、話題を呼んでいた。以下がそのTwitterの投稿だ。

■売り先を徐々に増やしつつあるLuminar

ルミナーは2020年12月に米ナスダック市場に上場したが、前述の通り、株価は低迷気味だ。しかし、最近はLiDARの売り先を徐々に増やしつつあり、Luminarの将来への期待感が高まっている。

2021年3月には、中国の自動車メーカーである上海汽車集団(SAIC)との戦略的パートナーシップを発表しており、2022年に量産を開始する車両にLiDARを提供する計画のようだ。

また、自動運転システムを開発しているイスラエルのMobileyeにLiDARを提供しているほか、
これまでにスウェーデンの自動車メーカーであるボルボ・カーズの次世代車両にLiDARを提供することも発表している。

このように売り先を増やし続けているLuminar。そして今回、Teslaとの契約に関する報道が流れ、Luminarが今後大躍進する兆しが見えてきた。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事