自動運転ソフト開発のJ-QuAD、第1期決算は4億円の純利益を計上

デンソーやアイシン精機などの出資により設立





出典:官報

デンソー、アイシン精機、アドヴィックス、ジェイテクトの4社が設立した株式会社J-QuAD DYNAMICS(本社:東京都中央区/代表取締役社長:隈部肇)=J-QuAD=の第1期決算(2020年3月31日現在)が官報に掲載され、当期純利益が4億754万円に上ったことが明らかになった。

同社は自動運転の統合ソフトウェアを開発する企業として、2019年4月にデンソーが全体の65%、アイシン精機が25%、アドヴィックスが5%、ジェイテクトが5%を出資し、設立された。







出資元の4社が持つ自動運転・車両運動制御等の技術知見を結集し、東京本社と刈谷支社にて自動車メーカーに向けて車両の統合制御システム開発を支援するソフト開発やサービス提供などを行なっている。

決算における各数字は以下の通りとなっている。

▼資産の部(単位:千円)
流動資産 1,749,975
固定資産 1,456,003
資産の部合計 3,205,978

▼負債及び純資産の部(単位:千円)
株主資本 507,541
資本金 50,000
資本剰余金 50,000
資本準備金 50,000
利益剰余金 407,541
その他利益剰余金 407,541
(うち当期純利益 407,541)
純資産の部合計 507,541
負債及び純資産の部合計 3,205,978

■自動運転に関する知見も持っている精鋭集団

同社は2020年5月21日、自動運転ECU(電子制御ユニット)の開発プラットフォームとして、米GitHub社の「GitHub Enterprise Cloud」を採用したと発表した。出資4社の開発環境を引き継ぎながらも、今後の連携のために環境を統一したことで、スピード感のある開発が期待できる。

J-QuADは日本を代表する自動車部品メーカー4社の出資企業ということで、自動車メーカーのニーズをよく理解し、自動運転に関する知見も持っている精鋭集団と言える。今後の動向についても注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事