自動運転技術を応用した掃除ロボ!AIが物体を「靴下」等と判別も可能

エコバックスが新製品「DEEBOT OZMO T8 AIVI」





出典:エコバックスジャパン社プレスリリース

自動運転にも活用される「光学式D-ToFセンサー」を搭載したマッピングシステムを搭載——。家庭用ロボットメーカーのエコバックスジャパン(本社:東京都新宿区/代表取締役:諸橋秀宜)が2020年6月22日までに発表したロボット掃除機の強みだ。

マッピングシステムの名称は「True Mapping」で、このシステムを搭載したロボット掃除機「DEEBOT OZMO T8 AIVI」を6月29日に発売するという。従来のレーザーマッピングよりも検出範囲が広く、そして高精度な検出も可能になったという。







報道発表では「壁までの距離、家具の位置や形状を高速に測定し、測定時間を3分の1短縮し、マップ作成の精度が4倍向上しました」とされており、半径10メートル内の物体を360度全方位で検出することもできるという。

■自動運転にも必要な「物体認識」技術にも注目

DEEBOT OZMO T8 AIVIは広角レンズとAI技術を使い、清掃時に障害となる物体を「電源コード」や「靴下」など7種類に分類して認識できるという。この点は特に自動運転業界としても興味深い。

車の自動運転では、車両前方に物体があることが分かっても、それが何かを識別することが重要となる。DEEBOT OZMO T8 AIVIのAIのように、前方の物体が「人」なのか「障害物」なのか、それとも別の「落下物」などなのか正確に判別できなければいけないのだ。

エコバックスは家庭用ロボットメーカーとしてこれまでに1000以上の特許を取得している。今回発表された新製品は自動運転技術を応用したものとして、広く注目を集めそうだ。







関連記事