自動運転関連、海外の上場企業の業績の調べ方は?

Yahoo!ファイナンスなどが便利



自動運転関連の海外の上場企業の業績を調べる際には、業績情報がまとめられたYahoo!ファイナンスなどを利用するのが便利だ。海外企業の場合、英語などで書かれた各企業のIR(Investor Relations)ページを見ても、売上高や純利益の数字を探すのは一苦労だ。







■Yahoo!ファイナンスなどで確認可

Yahoo!ファイナンスでは、上場企業の株価やチャートのほか、業績などを無料で閲覧できる。日本語版のURLは「https://finance.yahoo.co.jp/」、英語版のURLは「https://finance.yahoo.com/」だ。

日本語版をベースに説明すると、業績を確認したい企業ページを、企業名やティッカーシンボルを検索して開き、「詳細情報」「チャート」と並んでいるタブ部分から「業績」をクリックすると、以下の情報を閲覧できる。

  • 決算日
  • 売上高
  • 営業利益
  • 税引前利益
  • 当期利益
  • EPS(一株当たり利益)
  • 総資産
  • 自己資本
  • 自己資本比率
  • BPS(一株当たり純資産)
  • 資本金
  • 有利子負債

ちなみに業績の表示方法は「通期」と「四半期」から選ぶことができる。

Luminar Technologiesの場合は・・・・・・

2020年12月に米ナスダック市場に上場した米Luminar Technologies(ティッカーコード:LAZR)の例を挙げ、業績の確認の仕方を具体的に説明しよう。ちなみに同社は自動運転車向けにLiDARというセンサーを製造している企業だ。

Yahoo!ファイナンスのトップ画面で「Luminar Technologies」もしくは「LAZR」などと検索すると、同社の専用ページに飛ぶ。そのページで「業績」をクリックすると、同社の決算情報が確認できる。

Luminar Technologiesの「売上高」を見てみると、2020年12月期の通期では1,395万1,000ドル(約17億円)だったのが、2021年12月期には3,194万4,000ドル(約40億円)に伸びていることが分かる。

一方、本業の利益を示す営業利益に関しては、マイナス8,687万5,000ドル(約109億円)からマイナス2億1,455万2,000ドル(約269億円)と、赤字が拡大している。

■どんどん企業分析をしてみよう

自動運転ラボでは海外の自動運転関連ニュースを積極的に発信しているが、ニュースに登場した企業についてより詳しく知りたいと思ったら、Yahoo!ファイナンスなどを利用し、自ら企業分析をしてみるのも手だ。

注目度が高まっている企業でも売上がほとんどないケースや、逆に注目度が低くても売上を大幅に伸ばしている企業もあり、調べる価値は十分にある。

【参考】日本の非上場企業などの決算ニュースは「タグ:決算記事」でまとめて発信しています。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事