引く手あまた!トヨタのMaaSアプリ「my route」、沖縄含め9県で展開

沖縄ではタクシーアプリとの連携など



出典:損害保険ジャパン・プレスリリース

トヨタのMaaSアプリ「my route」が引く手あまただ。2018年11月に初めて福岡県福岡市で実証実験をスタートさせた後、さまざまな地域のMaaS事業で採用されており、沖縄でもmy routeを使ったプロジェクトが2022年2月から始まっている。

my routeとは、多様な交通手段を組み合わせたルートの検索に加え、交通手段の予約・決済がワンストップでできるスマホアプリのことだ。展開されている地域では、地域のイベントや店舗の情報を検索することもできる。







もちろん展開エリア数だけではなく、従来よりも移動の利便性が高まっているかという、MaaSの本質の追究も重要である点に変わりはないが、my routeの公式サイトによると、2022年3月時点の展開エリアは一部都市での展開も含めると9県(神奈川、富山、愛知、福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎、沖縄)となっており、拡大傾向にあることは確かだ。

■沖縄ではどんな枠組みで展開?

沖縄においては、第一交通産業グループ、沖縄トヨタグループ、損害保険ジャパン、NTTドコモ九州、本部町の5者が、2022年2月17日からmy routeの社会実装サービスを開始している。

この取り組みは、国土交通省所管の2021年度「日本版MaaS推進・ 支援事業」に採択されたプロジェクトとして実施されている。事業の目的は「目的地までのシームレスな移動を実現するだけでなく、行動変容を促し、地域経済の活性化に繋げる」ことなどだ。

サービスエリアは徐々に広がり、本部町に加え、那覇市や浦添市、豊見城市と順次追加されていくという。上記の5者は「沖縄スマートシフトコンソーシアム」を設立し、地域事業者などと連携して事業を進めていく。

出典:損害保険ジャパン・プレスリリース
■タクシーアプリとの連携やデジタルチケットの販売

実証実験では、my routeと第一交通のタクシー自動配車アプリ「モタク」が連携し、my routeからモタクでタクシーを呼べる仕組みが取り入れられている。この仕組みは、my routeをすでにサービス展開している福岡市や北九州市などでも導入されている。

また、バスが乗り放題になる「沖縄路線バス周遊パス」と「那覇市内乗り放題パスポート」といったデジタルチケットも、my routeにおいてリリースされている。沖縄路線バス周遊パスは大人2,500円で、あらかじめ指定されたバスが1日乗り放題となる

日本の一大観光地である沖縄。沖縄を訪れる観光客がmy routeを使うことで、移動がこれまでより便利かつスムーズに行えるようになり、県にも大いに歓迎される取り組みと言えそうだ。

【参考】関連記事としては「トヨタのMaaSサービス「my route」を徹底解説」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事