デンソーグループ、新規MaaS事業で求人続々!どんな内容?

新規システムの企画や、在宅勤務可能な職種も



出典:デンソープレスリリース

新たなビジネス領域として注目を集めつつある「MaaS」(Mobility as a Service)。デンソーもモビリティ関連企業としてMaaSに対するアプローチを強化しており、グループ各社の採用情報では、新規MaaS事業に関連する新規求人をいくつも見つけることができる。

実際にどのような求人情報が出ているのか、紹介していこう。







■デンソー:MaaSを実現するモビリティ電源システムの開発・設計

デンソーはMaaSを含む人やモノの移動を伴うサービスの実現のため、モビリティの電源システム商品の企画や事業企画などを担う人材を募集している。

充電器やインバータモータを活用した車両充電システムの企画・制御開発やカーボンニュートラルな地球に優しいクルマ、社会エネルギーと連携するクルマなど、新たな自動車の価値構築にも携われるようだ。

応募には、パワーエレクトロニクス製品や電気・電子回路の設計経験などが必須となる。

https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3005870921/

■デンソーソリューション:MaaS関連の新規システムの企画・開発

デンソーの100%出資グループであるデンソーソリューションは、MaaS関連の新規システムの開発に携わる求人として、プロジェクトマネージャー(PM)やシステム開発者(SE)の職種で人材を募集している。

同社は、MaaSビジネスの設計や開発、販売、サービス提供を一貫して行う新規部署を設立しており、今回の求人はその新規部署におけるものだ。交通事業者のシステムとスマホアプリを連携させるためのシステム開発や、外注先の進捗管理などを担う。

https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3005907617/

■デンソーテン:幹線物流プラットフォーム事業のシステム開発責任者

デンソーグループの電機メーカーであるデンソーテンはMaaS推進室において、中長距離の移動がメインの運送業者を支援するためのシステム構築やアプリケーション開発を担う人材を募集している。

具体的には、コンテナと多様な運送会社のシャーシをマッチングさせてトラックの稼働率を上げ、ドライバーの働き方改善にもつながるようなプラットフォームの開発を担当するようだ。

https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3005868811/

■トヨタとデンソー、方向性は同じ

MaaSは「部品」や「ハードウェア」ではなく、「サービス」であり「仕組み」である。トヨタもMaaSには並々ならぬ力の入れようで、デンソーグループの求人情報をみると、同社も同じ方向性で事業の拡大に力を入れているようだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事