NHTSA

ついに「ハンドルなし」のAI自動運転実証へ、米GMが初認可の獲得濃厚

どうやらいよいよ「ハンドルなし」の自動運転車の公道実証が、来年2020年にアメリカ国内でスタートすることになりそうだ。米ロイター通信などの報道によれば、米自動車大手GM(ゼネラル・モーターズ)による申請を米当局が認可する見通しとなっていると...

日本、自動運転領域で「全方位外交」展開へ EUとも協力強化

第5回目となる日EU科学技術協力合同委員会が2019年12月3日、ベルギーの首都ブリュッセルで開催された。この合同委員会では欧州委員会研究イノベーション総局のジャン・エリック・パケ総局長と外務省科学技術協力担当大使の中根猛氏が共同議...

アメリカ×自動運転、最新動向まとめ

かつて自動車大国として名を馳せたアメリカが、自動運転の波に乗って息を吹き返している。ウェイモの自動運転タクシーを筆頭に、自動運転業界の主導権争いをリードするポジションが続いている。 アメリカの強みとは何か。自動運転に関する規制...

テスラ車の自動運転呼び寄せ機能、Twitterで衝突事例&成功例!Smart...

米電気自動車(EV)大手テスラが新たに一部で導入した「スマート・サモン(Smart Summon)」機能が議論を呼んでいる。 このスマート・サモン機能は、スマートフォンを使って自分の車を自動運転技術で呼び寄せるというものだ。T...

米エヌビディア、「自らを危険から遠ざける」自動運転向け安全ポリシーを発表

米半導体大手エヌビディアは2019年3月21日までに、自動運転車を衝突から守るためのドライビングポリシー「DRIVE AV Safety Force Field」(SFF)について発表を行った。 同社は報道発表で「シミュレーシ...

米アップルが「自動運転白書」、誰でもサーバーからダウンロード可能に

米アップルは2019年2月22日までに、「Our Approach to Automated Driving System Safety(自動運転システムの安全性のための我々のアプローチ)」と題したホワイトペーパーを公開した。アップ...

「自動運転×アメリカ」の最新動向を解説 メーカーやIT系の開発進捗は?

自動車大国・米国。自動車製造業としてのかつての勢いは失ったかのように思われたが、自動運転の分野で再び輝きを取り戻しつつある。その背景には、自動車メーカーのみならずIT・テクノロジー系の巨大企業や無数に誕生するスタートアップの存在があ...

FCAの自動運転戦略まとめ ウェイモとの協業の行方は? 開発状況は?

イタリア・米国を股に掛ける国際的自動車メーカーのフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)。日本でもなじみの深いフィアットやジープをはじめ、マセラティなどの高級ブランドも取り扱う多彩なラインナップが魅力の自動車グループだ。...

米NHTSA、世界初の自動運転スクールバスに中止命令 試験走行の許可範囲逸脱...

米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)が、フロリダ州の自動運転スクールバスの運行を中止するように求めていたことが、2018年10月26日までに明らかになった。 自動運転スクールバスを運行していたのは公共交通事業者のトランスデ...

テスラの自動運転技術と開発史まとめ イーロン・マスク氏の狙いは

米電気自動車(EV)大手のテスラ社を率いるCEO(最高経営責任者)のイーロン・マスク氏。かつて、自動車業界においてこれほどまでに世間を騒がせた経営者はいただろうか。人物像については、「異端児だ」などとする声が多数を占めているようだが...