障害物検知 に関する記事

産業技術総合研究所、遠隔自動運転の実証実験 世界初、1人で2台を運用

産業技術総合研究所(東京本部:東京都千代田/理事長:中鉢良治)=産総研=は2018年11月14日、福井県永平寺町における「ラストマイル自動走行の実証評価」に関連する新たな実証の開始について報道発表を行った。 清水建設、自動...

自動運転にAI(人工知能)は必要?倫理観問う「トロッコ問題」って何?

自動運転の根幹を成すともいわれるAI(人工知能)。トヨタをはじめとする大手自動車メーカーや米NVIDIA (エヌビディア)社などの半導体メーカー、米Google(グーグル)系のWaymo(ウェイモ)など、世界の既存大手企業からスター...

【最新版】自動運転に必須の7つの先端技術 認識・予測技術や位置特定技術、AI...

自動運転車の開発・実現に欠かせない必要な先端技術は、大きく分けて7種類あると言われている。この記事では、位置特定技術や認識技術、AI技術、予測技術、プランニング技術、運転手モニタリング技術、通信技術について、それぞれの技術が必要な理...

テーマパーク跡地がAI自動運転テストに最適なワケ

地域産業の振興などを目的に自動運転車の走行試験を誘致する動きが、北海道で広がっている。 四季に富んだ気候条件と広大な土地を有する北海道は、自動運転に関するワンストップ窓口を設置して積極的な誘致活動を展開しており、自動車メーカー...

米ウーバー死亡事故、緊急ブレーキ作動しない設定 LiDARは歩行者認知 自動...

米ライドシェア最大手のウーバーテクノロジーズの自動運転車が2018年3月に歩行者をはねて死亡させた米アリゾナ州での事故で、米運輸安全委員会(NTSB)は5月24日、事故調査の中間報告書を公表し、事故時に緊急ブレーキが作動する設定になっていな...

月往復10,000回分を自動運転で仮想走行 グーグル系ウェイモ

米グーグル系の自動運転車開発企業Waymo(ウェイモ)社の自動運転シミュレーションにおける総走行距離が、50億マイル(約80億キロメートル)に達した。これは、地球から月への往復距離1万回分に相当する距離だ。Googleが2018年5...

落下物情報を後続車に一斉送信 自動運転時代のコネクテッドカー見据え実証実験

電気通信事業者のKDDI株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:髙橋誠)など4社は2018年4月16日、車両が検知した落下物などの道路情報を、後続のコネクテッドカーにLTE(高速携帯電話通信)を活用して一斉配信する実証実験に...

仏部品大手ヴァレオ、自動運転キーデバイス「レーザースキャナー」で表彰

取引先に世界の完成車メーカーを有するフランスの自動車部品大手サプライヤー「Valeo(ヴァレオ)」は2018年4月10日、高度な自動運転レベルを実現するためのキーデバイスとなるレーザースキャナーについて、同社製品がアメリカの自動車専...