解禁

自動運転の事故責任、誰が負う?(2024年最新版)

自動運転技術の実用化が加速している。アメリカや中国では自動運転タクシーの普及が始まり、ホンダやメルセデスは自動運転レベル3の機能をすでに商用展開している。 身近な技術となりつつある自動運転だが、いまだに判然としない課題が残って...

日本版ライドシェア、運転手バイト「時給1,600円〜」!タクシー会社が募集開...

日本政府は、2024年4月からライドシェアを部分的に解禁することを2023年12月に決定した。タクシー会社が運行を管理し、車両不足が深刻な地域や時間帯に絞って限定で解禁するという内容で、運転手はタクシー会社が雇用する。 ...

自動運転ラボ主宰の下山哲平が「日経モーニングプラスFT」に出演しました

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2023年12月27日(水)放送(朝7:05〜7:55)のBSテレ東の報道番組「日経モーニングプラスFT」にスタジオ出演いたしましたので、お知ら...

タクシー配車大手GO、IPOへ準備中!ライドシェア解禁、逆に追い風に

日本交通とDeNAが出資するモビリティテクノロジー企業であるGO株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:中島宏)がIPO(新規株式公開)の準備を進めている。同社は、タクシーアプリ「GO」を運営している。上場時期は未定だが、すでに...

政府のライドシェア解禁案、ホリエモン「うんこ改革レベル」

実業家であるホリエモンこと堀江貴文氏が、ニュースアプリNewsPicksにて「うんこ改革レベル」とコメントした。コメントした対象の記事は、日本政府のライドシェア解禁の方針について報じた読売新聞の記事だ。 ▼「ライドシェア」来年...

インド道路相「自動運転は解禁しない」 ドライバーの雇用保護を優先

インドのニティン・ガッカーリ道路交通大臣は2023年12月18日、自動運転車はインドで導入・解禁させない方針を明らかにした。人間のドライバーの雇用が大幅に減少することを防ぐための措置だという。自動車関連イベントで語った。 ガッ...

ライドシェア「タクシー会社による雇用が条件」 政府方針、骨抜きの解禁か

ライドシェア解禁に向けて機運が高まる中、政府が2023年度中に新たに創設する仕組みの方針を固めたことが、2023年12月13日までに判明した。NHKなどが報じた。 ライドシェアで働く人は、タクシー会社によって雇用されて...

ライドシェア解禁後、Uberに勝てる日本企業は存在するのか

配車サービス大手の米Uber Technologies(以下ウーバー)を率いるダラ・コスロシャヒCEO(最高経営責任者)が、日本でのライドシェアサービスに意欲を示したようだ。 国内では現在、ライドシェア導入の是非をめぐる議論が...

河野太郎氏、自動運転の規制に苦言「利益が出る状況じゃない」

ライドシェア発言などで注目を集めるデジタル大臣の河野太郎氏。規制改革の旗頭として、自動運転技術の実用化・普及を推進する役割にも大きな期待が寄せられている。 早期実現が求められるところだが、日経新聞の取材において河野氏は「(自動...

ライドシェア解禁、河野太郎氏にタクシー業界が激怒!「断固阻止」を決議

デジタル大臣を務める河野太郎氏ら有力議員の間でライドシェア導入を模索する動きが活発化し始めている。河野氏率いるデジタル庁では、ライドシェアが正式に議論の俎上に載せられる見込みだ。 ライドシェアに関し、河野氏はどのような青写真を...