解禁

ライドシェア「性犯罪歴の確認を」 法整備へ有識者が意見

内閣府のワーキンググループにおいて、ライドシェアの法律制度に関し、性犯罪歴を確認する制度とすべきとの意見が出ていたことが、2024年5月17日までに判明した。 意見が出たのは、5月15日に開催された規制改革推進会議における「地...

鳩山元首相の長男、Uberに「渋滞税」構想 タクシー革命を提言

本格ライドシェア解禁の是非を巡る議論が過熱している。推進派と否定派の思惑が一致することは基本的になく、推進派が強硬策に出るのか、それを否定派が阻止するのか、あるいは落としどころを見出せるのかなど、議論の行方に注目が集まっている。 ...

タクシー会社、ライドシェア潰しで「流し」強化 「内々にお達し」と運転手証言

今月解禁されたばかりの「日本版ライドシェア」に関し、タクシー会社がライドシェアの運行エリア・時間帯に合わせ、流しの営業を強化するよう「内々のお達し」を出している、と一部のドライバーが証言した。自動運転ラボの独自取材で明らかになった。...

岸田首相、支持率50%回復の秘策は「ライドシェア全面解禁」!?

岸田文雄首相は2024年4月22日に開催されたデジタル行財政改革会議において、タクシー事業者以外の者が行うライドシェア事業に関する法制度について、論点整理を行い、5月中に規制改革推進会議に報告するよう指示した。ライドシェアの全面解禁...

自動運転の「セカンダリアクティビティ」とは?(2024年最新版)

日本で自動運転レベル3(条件付き運転自動化)が解禁され、世間で「自動運転」への関心はより一層高まった。ホンダがレベル3の市販車を2021年3月に発売し、自動運転への注目度はますます高まっている。 レベル3の段階ではまだ運転手は...

ライドシェアの闇?米国「ご自由に」日本「タクシー会社だけね」

営利目的の有償ライドシェアが日本で解禁されたが、あくまで「一部解禁」にとどまり、今のところタクシー事業者しか運行主体になれない。 つまり、アメリカでは配車アプリを通じて個人がギグワーカー的に働くことができるが、日本ではタクシー...

ライドシェア解禁、「女性は絶対乗るな」ってほんと?

東京23区などで2024年4月8日から、日本で初となる有償ライドシェアがスタートした。最初は地域や時間帯を限定して運行され、今後サービス展開を拡大していく計画だ。「日本版ライドシェア」などと称されている。 海外では一般的なライ...

タクシー会社「倒産ドミノ」か ライドシェア、全面解禁の検討へ

帝国データバンクによると、2023年度に倒産したタクシー事業者は33件となり、過去10年で最多を記録したという。 コロナ禍を乗り越え各社の業績は上向きに感じられるが、何らかのひずみが生じているのだろうか。苦しい台所事情が想定さ...

ライドシェアとは?仕組みは?(2024年最新版)日本の解禁状況や参入企業は?...

菅義偉元首相らの発言を機に導入に向けた議論が一気に進み始めた有償ライドシェア。急転直下で「日本型ライドシェア」導入に向けた方針が固められ、2024年4月に新制度となる「自家用車活用事業」が開始された。 今後は本格ライドシェア導...

音喜多氏、河野大臣に「それはライドシェアではありません」

日本維新の会の音喜多駿政調会長が、X(旧Twitter)での河野太郎規制改革相によるライドシェア解禁に関するポストに反論している。 河野太郎氏は4月2日昼、今月からタクシー事業者が運営主体となってライドシェアを提供できるように...