自動運転レベル4

現代自動車のEV、米で2023年から自動運転タクシーとして運行へ

韓国の自動車メーカー大手の現代自動車(ヒュンダイ)が、同社のEV(電気自動車)「アイオニック5」を、2023年からアメリカでロボタクシー(自動運転タクシー)として運行開始させる計画のようだ。 報道によると、米ライドシェア準大手...

パナソニックとマカフィー、車両SOC共同構築へ!つながる時代のサイバー対策

ネットワークに接続する車両の増加に伴い、サーバーセキュリティの重要度も日に日に増している。 そんな中、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市/代表取締役社長:津賀一宏)とマカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長...

自動運転レベル4の関与者「運転免許、必要は必ずしもなく」

警察庁の「自動運転の実現に向けた調査検討委員会」は2021年4月2日までに、運転者の存在を前提としない「自動運転レベル4」(高度運転自動化)などに関する調査報告書をまとめた。 調査報告書では、運転手の存在を前提としない自動運転...

ANAと豊田自動織機、新開発の自動運転トーイングトラクターで貨物搬送

全日本空輸(ANA)と豊田自動織機は2021年3月29日から4月2日の5日間、新開発の自動運転トーイングトラクターを使い、貨物搬送を想定した実証実験を羽田空港の制限区域で初めて実施する。 トーイングトラクターは貨物を搭載したコ...

自動運転に必須の7技術まとめ!位置特定技術、AI技術、予測技術など

日本国内では自動運転レベル3(※国の呼称で言うところの「条件付自動運転 ※限定領域」)が2020年4月に解禁され、2021年3月にはホンダが市販車としてレベル3搭載車も発売した。 そんな自動運転技術の開発で欠かせない先端技術は...

中国の自動運転企業Momenta、トヨタなどから5億ドル資金調達

中国の自動運転スタートアップ企業Momenta(モメンタ)は2021年3月19日、トヨタ自動車などから5億ドル(約550億円)の出資を受けたことを明かした。トヨタとMomentaは2020年3月に自動運転向けの高精度地図に関して提携...

現代自動車、自動運転レベル4車両を2023年に公道デビュー 鄭会長が構想

韓国の自動車メーカー大手・現代自動車(ヒュンダイ)の鄭義宣(チョン・ウィソン)会長は、2021年3月16日に行われたグループ社員とのビデオカンファレンスにおいて、自動運転レベル4(高度運転自動化)の機能を搭載した車両を2023年にも...

世界で自動運転トラックの開発・実証加速!「黒子」はNVIDIA

世界各地で実用化の機運が高まる自動運転技術。自動運転レベル4はタクシーやバスが大きな注目を集めているが、商用車においては自動運転トラックも負けていない。トラック製造企業やスタートアップが入り混じり、世界各地で積極的に実証が進められて...

次の注目は「自動運転レベル4」の実現時期!レベル3からさらに進化

ホンダは2021年3月5日、世界初となる自動運転レベル3技術を搭載した新型レジェンドを発売した。自動運転時代の幕開けだ。条件付きではあるものの、自動運転技術をついに一般ドライバーが手にする時代が訪れたのだ。 自動運転業界にとっ...

【資料解説】自動走行ビジネス検討会、新設WGの取り組みは?

自動走行ビジネス検討会は2021年3月15日までに、「自動走行の実現及び普及に向けた取組報告と方針」のVersion5.0の概要案を公表した。この資料では、2020年度に新設された「サービスカー協調WG」と「次期プロジェクトWG」に...