自動運転レベル2

自動運転レベル3の「罠」、解決の鍵はドラレコにあり?(深掘り!自動運転×デー...

条件付きで自動運転が可能になる「自動運転レベル3」が法的課題をクリアし、本格的な市場化をまもなく迎えようとしている。ただ、自動運転システムと人間であるドライバーが混在することを危険視する声も少なくない。「レベル3の罠」だ。 こ...

自動運転レベルとは?定義や違いは?徹底まとめ

自動運転レベルは、人(運転手)と車(システム)が担う運転動作の比率や技術到達度、走行可能エリアの限定度合いなどによって、レベル0からレベル5の6段階に分類されている。 自動運転レベルは当初、「米運輸省道路交通安全局」(NHTS...

日産の自動運転・運転支援技術を徹底解説!プロパイロットの凄みは?

日産自動車は2020年10月現在、「自動運転レベル2」(部分運転自動化)の技術を市販車に搭載している。「プロパイロット2.0」だ。高速道路でのハンズオフ運転を可能にする機能で、2019年9月から搭載がスタートしている。 自動運...

自動運転レベル2のハンズオフ機能搭載車、市場化加速!トヨタ、日産、ホンダ・・...

日産が今後全ての新型車に運転支援機能を標準装備するといった報道や、トヨタが高級車「レクサス」の新型車にハンドルやアクセル・ブレーキの操作無しで運転可能なADAS(先進運転支援システム)を搭載するといった発表がされるなど、日本でも一定...

日産、今後は全新型車に「簡易な自動運転技術」搭載?日経が報道

日経新聞の報道によると、日産自動車が今後発売する全ての新型車に、簡易な自動運転機能を標準装備するという。 報道で書かれている「簡易的な自動運転機能」とは、日産の自動運転レベル1〜2に相当する日産の先進運転支援システム「プロパイ...

TomTom、伊マセラティのグローバルサプライヤーに!地図関連サービスを提供...

オランダの位置情報テクノロジー企業TomTom(トムトム)は2020年10月8日までに、高級スポーツカーメーカーの伊マセラティに対し、地図の自動更新機能やナビソフトウェア、コネクテッドサービスなどの車載インフォティメントシステム用の...

ソニーの「VISION-S」、グッドデザイン賞で高評価!自動運転レベル2搭載...

日本デザイン振興会が主催する「2020年度グッドデザイン賞」の結果が、2020年10月7日までに発表された。審査委員会により特に高い評価を受けた「グット・デザインベスト100」では、自動運転関連ではソニーが開発したEV試作車「VIS...

テスラ車で自動運転のまま居眠り…カナダ人男性を訴追 仮にレベル3でも駄目

カナダのアルバータ州で、時速140キロ以上でテスラ製EV(電気自動車)を自動運転させながら昼寝をしていたカナダ人男性が、危険運転の罪で訴追された。 この事件は2020年7月に起きた。テスラ車の運転席と助手席の両方のシートは完全...

自動運転、2045年にはレベル3が4280万台、レベル4〜5が2139万台

市場調査サービスを展開する株式会社富士キメラ総研(本社:東京都中央区/代表取締役社長:田中一志)は2020年9月8日までに、2021年以降拡大が期待される自動運転車の市場(生産台数ベース)を調査し、その結果を「2020自動運転・AI...

「自動運転×ソニー」最新取り組みまとめ 自ら車両開発も!?

米ラスベガスで開催された「CES 2020」で最新のコンセプトカー「VISION-S」を披露したソニー。センシングやエンターテインメントに力を入れるソニーの集大成とも言える仕上がりで、自動運転時代の到来を見据えた最新機能が大きな注目...