自動運転タクシー

Googleの自動運転タクシー、ついに「高速道」でも運行開始へ

Google系の自動運転開発企業である米Waymoは、自動運転タクシーを高速道路でも展開する計画を発表した。まず自動運転タクシーを最初に展開し始めたアリゾナ州フェニックスでテスト走行を実施する。 ■まずは従業員向けに試験展...

自動運転レベルとは?定義や実用化状況は?(2024年最新版)

自動運転レベルは、運転の主体や自動運転の技術到達度、走行可能エリアなどによって、「レベル0」から「レベル5」の6段階に分類されている。2024年現在、レベル3の機能を搭載した市販車の販売はすでに始まっており、レベル4の自動運転タクシ...

自動運転時代、中古車ビジネス崩壊か 搭載センサー、数年で時代遅れに

着実な進化とともにサービス提供エリアを拡大し続ける自動運転技術。市場拡大とともに量産化に向けた体制も整い始め、世に送り出される自動運転車の数は大きく伸び始めている。 自家用車向けの自動運転レベル3の実装やレベル4開発も進んでお...

【国別】自動運転、2024年の業界展望&超重要トピックス一覧

着々と社会実装の域を広げる自動運転。数年前に各国企業が発表した目算からは遅れているものの、じわりじわりと技術を向上させ、実証や実用化の波はしっかりと押し寄せている。 2024年は各国でどのような動きがあるのか。業界展望に触れて...

米加州の無人自動運転タクシー、違反の「免除」状態続く 車内無人で切符切れず

米カリフォルニア州において、車内無人(ドライバーレス)の自動運転タクシーが交通違反をした場合でも、警察が違反切符を切ることができない状況となっており、波紋が広がっている。 現在の規則では、車両の中に運転手がいないと切符を切れな...

自動運転タクシー、日本第1号は「米国から7年遅れ」濃厚に 最短で2026年か...

2025年をめどに50カ所で自動運転サービスを実現する目標を掲げる日本。目標達成に向け、各所で自動運転バス実用化に向けた取り組みが加速している。 一方、自動運転タクシーは遅れをとっている印象が強く、実現に向け継続的かつ大掛かり...

中国政府、自動運転バスの車内音声「リアルタイム共有」を義務化

中国政府は2023年12月18日までに、自動運転車の国家安全ガイドラインを発表した。中国ではこれまで各地方当局に自動運転に関する規制が委ねられていたが、今回発表したガイドラインは全国統一型のガイドラインとなる。 ガイドラインの...

Google、GMの苦境に乗じ自動運転タクシー事業を拡大 夜間の空港にも配備...

Google系の自動運転開発企業である米Waymo(ウェイモ)が、GM傘下のCruiseが苦境に陥っているこのタイミングで、事業強化を図っているようだ。 Waymoは、アリゾナ州フェニックス市内にある国際空港「Phoenix ...

Uberが株価50%急騰!自動運転タクシーの展開発表が起点 最高値更新へ

配車サービス大手の米Uber Technologiesの株価が急騰中だ。株価急騰の起点となったのが、自動運転タクシーの展開だ。 Uberは、Google系Waymoの自動運転タクシーの配車が可能になったことを2023年10月2...

自動運転レベル4特化の中国WeRide、米国上場へ 6,400億円の評価額、...

中国の自動運転ベンチャーWeRide(文遠知行)が、米国市場に上場予定だ。2023年9月にIPOの認可を取得し、米ニューヨーク市場もしくはナスダック市場への上場準備に入っている段階だという。 同社は、米民間調査会社のCBインサ...